口ゴボは自力で治せるのか歯科医が解説|口ゴボを自力で治すリスクや治療方法もご紹介します

【監修:青山健一】

口ゴボは自力で治せるのか歯科医が解説|口ゴボを自力で治すリスクや治療方法もご紹介します

出っ歯や上顎前突ともいわれる口ゴボは、前歯の歯並びや口元が気になり、治したいと思っている人も多いです。口ゴボを自力で治せないかと、悩む人も少なくありません。
今回は、口ゴボについて自力で治せるのかを解説します。自力で治すリスクや口ゴボの原因、矯正治療をする際の治療法もみていきましょう。

口ゴボに悩む人は多い?

口ゴボに悩む人は多い?

男女年齢問わず出っ張った口元が気になるという人はたくさんいて、口ゴボに悩んでいる人も多いです。しかし、口ゴボといっても種類があり、それぞれ人によって悩みも違います。
前歯が倒れているなど歯並びが悪い出っ歯、上顎自体が前に出ている上顎前突、歯並びはきれいだけど人中が長く見える、などさまざまな症例があります。

症例は違いますが、どれも口元が出ていたり横顔のラインがきれいでなかったりと見た目が気になるため、悩んでいる人は多いです。

口ゴボを自力で治す方法はあるのか?

口ゴボを自力で治す方法はあるのか?

口ゴボは歯並びが悪いわけではなく顔の問題と考え、矯正治療を視野に入れずに自力で治そうとする人も多いです。また、矯正治療は費用が高いため、諦めて自力で治そうとする人もいます。
しかし、自力で完全に口ゴボを治す方法はありません。口ゴボを現状のままとどめるか悪化させないことで改善したように見えるだけです。

これは治療ではなく予防になります。予防はできても治療を自分で行うことはできないため、口ゴボは自力では治せないことを知っておきましょう。

口ゴボの原因

口ゴボの原因

口ゴボは、生まれつきの先天的な場合と、普段の癖などでなる後天的な場合があります。では、口ゴボになる原因は何なのかを詳しくみていきましょう。

遺伝

遺伝

母親か父親が出っ歯・上顎前突などの場合、遺伝する可能性も高く、口ゴボの原因は生まれつきの遺伝性といえます。
とくに、前歯の歯並び・出っ歯・上顎の形などは遺伝しやすいです。遺伝性の口ゴボは普段の癖などで口元が出ているわけではないため、自力で予防もできません。

ですが、遺伝性の場合は子どもの頃に気付ける可能性も高いです。子どもの頃に口ゴボの気配があるとわかれば、早い段階で矯正治療を始められます。
矯正治療は子どもの方が歯が動きやすく、顎の形も変えやすいため、大人になってから治療するよりも痛みや負担が少なく済みます。

顎の発育

上の前歯や上顎が出過ぎているのではなく、下顎の発育不全が口ゴボの原因になっている場合もあります。
上顎に対して下顎が極端に小さいと口元が出っ歯のように見え、口ゴボになります。反対に上顎が発育しすぎるのも、口ゴボの原因の一つです。

上下の顎どちらかに発育の問題がある場合口ゴボになりやすく、この場合は歯の噛み合わせに問題がある場合も多いです。
噛み合わせに問題があれば、見た目だけでなく食事にも支障が出ます。噛み合わせがおかしい・噛みづらいという場合は、歯科医院で一度診察してもらいましょう。

舌で前歯を押す癖

舌で前歯を押す癖

前歯を舌で押す癖がある人も口ゴボになりやすいです。常に上前歯の裏に舌先がある人や、下前歯を舌で触ったり押したりする癖がある人は口ゴボの原因になるため注意しましょう。
歯は舌の力でも、長年にわたり負荷がかかれば動きます。無意識に前歯を舌で押す、前歯の裏を舌先で触るなどの癖が思い当たるなら、今すぐに辞めましょう。

下唇を噛む癖

下唇を噛む癖

上の前歯で下唇を噛む癖がある人は、出っ歯になりやすく口ゴボに見えます。下唇を噛む癖は寂しさやストレスから来ることが多く、幼少期から無意識にしてしまう人も多いです。
習慣化していると辞めにくいですが、日頃から意識して下唇を噛む癖を辞めましょう。また、下唇を噛む癖の根本的な理由となる、寂しさやストレスを取り除くのも効果的です。

幼少期からの癖で口ゴボになる原因として、指しゃぶりも挙げられます。お子さんが小学生頃になっても指しゃぶりをしている場合、すぐに辞めさせてあげましょう。

口呼吸

口呼吸

口呼吸は舌で前歯を押してしまうため、歯が前に倒れやすく口ゴボの原因になります。
鼻呼吸の場合、上顎の内側に舌先が来ますが、口呼吸は舌先が下前歯の裏にあることが多いです。よって、下前歯が前に傾斜し、併せて上前歯も傾斜・前突することで口ゴボになります。
また、口呼吸を続けると下顎が後退することもあり口ゴボの原因となるため、口呼吸をしている人は鼻呼吸に改善しましょう。

口ゴボを自力で治すリスク

口ゴボを自力で治すリスク

口ゴボを自力で治すのは不可能と上記でご紹介しましたが、口ゴボが自力で治ったという口コミを見ることもあり、治せるなら治したいと思う人も少なくありません。
しかし、万が一自力で口ゴボを治せてもリスクが伴います。では、自力で口ゴボを治すとどのようなリスクがあるのかを詳しくみていきましょう。

歯の寿命を縮める

歯の寿命を縮める

出っ歯など前歯の歯並びが気になる口ゴボの場合、出ている前歯に自分で力をかけて治そうとする人がいます。
ですが、自分で歯を押して動かそうとすると、一定の歯に負荷がかかりすぎて歯の寿命を縮める可能性があります。

歯の根っこに負担がかかり歯周病や歯肉炎になることもあり、歯茎から神経が露出して知覚過敏になる恐れもあるため注意してください。

歯並びが悪くなる

歯の寿命が縮むまではいかなくても、歯並びが悪くなる可能性も否定できません。歯科医院で歯列矯正をする場合、きちんと計画を立てて数ミリずつ歯を動かします。
しかし、自力で歯を動かそうとすると、歯が動きすぎたり変な方向に曲がってしまったりする恐れもあって、歯並びを悪化させてしまいます。

治療のタイミングを逃す

治療のタイミングを逃す

口ゴボで悩んでいる人の中には、何年も前歯を自力で押しているという人もみられます。しかし、長年に渡って自力で治そうとしても、矯正治療をしたきれいな歯並びには及びません
自力で治そうと頑張っている間に、出産や育児で忙しくなった、歯周病が進んできて前歯以外の歯のトラブルが出てきたなどと、矯正治療のタイミングを逃してしまう人も多いです。
自力で治そうと何年も口ゴボで悩むより、費用はかかりますが矯正治療をしてきれいな口元を手に入れましょう。

口ゴボを治す方法

口ゴボを治す方法

口ゴボの治し方として、基本的には出っ歯や上下顎前突の歯並びを矯正治療していきます。歯列矯正をすることで歯並びの改善がみられ、きれいな口元になります。
では、どんな矯正治療法があるのかを矯正の種類別に詳しくみていきましょう。

ワイヤー・ブラケット矯正

ワイヤー・ブラケット矯正

出っ歯や上下顎前突など口ゴボといわれる症例の矯正治療を行う際に、多いのがワイヤー・ブラケット矯正です。
前歯の表面に矯正装置のブラケットを装着し、ワイヤーを通して歯並びをきれいに矯正します。出っ歯などの口ゴボの場合、前歯を内側に引っ込めなければなりません。

そのためには、小臼歯を抜いてスペースを作り、前歯がきれいに収まる矯正もします。このように抜歯を行う場合なら、ワイヤー・ブラケット矯正がおすすめです。
2~3年ほどの期間で費用は100万円ほどかかります。しかし、少しずつでも確実に歯が動き、歯並びが改善されれば全て自分の天然歯できれいな口元が手に入ります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明のマウスピースをはめて前歯を少しずつ動かし、矯正治療を行ないます。
口ゴボを矯正する場合、前歯の矯正が主になるためワイヤー・ブラケット矯正は装置が目立つのが嫌という人も多いです。

ですが、マウスピース矯正であれば矯正装置が目立たないため、見た目を気にせず矯正治療を始められます。
食事や歯磨きの際は外すため、食事や歯磨きがしづらくなることもありません。しかし、取り外し可能な故に、装着時間が短いと歯の動きも遅くなります
よってなかなか歯が動かず、矯正期間が長くなり費用が高くなることもあるため注意しましょう。

セットバック矯正

セットバック矯正

セットバック矯正は、顎の位置を内側にずらす治療法です。矯正といいますが外科的な手術になり、顎の骨を削って内側に引っ込めます。
外科的な手術になるため、自費だと100万円ほどはかかりますが、症例によって保険が適用される場合もあります。

保険適用であれば50万円程度で手術ができるため、一度歯科医院で相談してみましょう。手術というと怖いイメージもありますが、確実に顎を引っ込められます。
ただし、手術後はワイヤー・ブラケット矯正やマウスピース矯正などを行なって歯並びや噛み合わせを治していきます。

他の矯正治療と併用して顎を引っ込め噛み合わせを治すため、手術だけで口ゴボが治るわけではないことを知っておきましょう。

セラミック矯正

セラミック矯正

前歯に被せ物をして角度を変えることで、きれいな歯並びや形にするセラミック矯正という治療法もあります。
被せ物のセラミックは歯の色や形を自由に決められるため、審美性は高いです。真っ白な前歯や透明感のある色味にすることもできます。

口元のラインや歯の色はきれいになりますが、セラミックを被せるためには自分の歯をある程度削らなければなりません。
自分の天然歯は削れば元には戻らず、寿命を縮めてしまうこともあります。また、硬いものを噛むとセラミックが割れる可能性も否定できません。

セラミックが割れてしまえば、再度型を取って被せ直すため費用も同じようにかかります。
矯正治療の中でも、見た目は理想的な歯並びや歯の色にしやすいですが、デメリットもあることをしっかりと理解しておきましょう。

自力で治せなくても悪化させないことが大切

自力で治せなくても悪化させないことが大切

自力で口ゴボを治すことはできませんが、出っ歯や歯並びを悪化させないことは可能です。
口ゴボの原因でご紹介した、舌で前歯を押す癖や下唇を噛む癖があるならすぐに辞めるよう意識しましょう。指しゃぶりや爪を噛むなどの癖も同様です。

また、口呼吸が習慣になっている人は鼻呼吸に改善しましょう。今の状態よりも悪化させないことは治療ではないですが、出っ歯や歯列不正の予防になります。
口ゴボを悪化させないことで、矯正治療をする際に軽度な症例と判断されれば、矯正期間が短くなり費用も抑えられます。

自力で口ゴボを治せなくても現状を維持する、または今以上に悪化させないことが大切です。

口ゴボで悩んだら自力で治さず歯科医に相談

口ゴボで悩んだら自力で治さず歯科医に相談

出っ歯・人中が長い・出っ張った口元など、口ゴボは見た目や横顔のラインが気になり悩んでいる人が多いです。
しかし、自力では治せないため、無理に自分で治そうとしないでください。自力で治せば、口ゴボや歯並びが悪化する恐れもあり逆効果です。

口ゴボは出っ歯や歯並びが悪いなど、完全に歯が原因となっているタイプばかりではありません。歯並びはきれいだけど口元が出ているという人もいます。
どんな場合でも口元が気になると悩んでいる人は、一度歯科医に相談してみるのがおすすめです。歯はきれいだからと歯科医院の受診を躊躇っている人も、気軽に相談してみましょう。

自分の歯や顎の形によって、どんな矯正治療方法があるのか、期間や費用はどの程度かかるのかを説明してくれます。

まとめ

まとめ

口ゴボを治せば顔のイメージや雰囲気を変えることができますが、自力で治そうとすればリスクを伴い危険です。
費用や期間はかかりますが、矯正治療をすればきれいな口元にできます。口元や横顔がきれいなラインになれば、見た目の自信にも繋がります。
口元に自信を持って笑顔で過ごすためにも、まずは気軽に当院やお近くの歯科医院で相談してみましょう!




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ