リンガルアーチの効果を歯科医が解説|リンガルアーチの注意点や主な補助装置もご紹介します

【監修:青山健一】

 

リンガルアーチの効果を歯科医が解説|リンガルアーチの注意点や主な補助装置もご紹介します

歯の治療は不安や怖さもあり積極的に治療を始めることが少なく、痛みを我慢したり症状が進んでから歯科医院に行く事例も少なくありません。
最新の矯正治療に使われる装置は性能が向上しさまざまな症状に対応できるため、患者様の希望の治療に適切な装置を歯科医師と選択することも可能です。

今回は矯正装置の中でも、装置単体でも他の装置と併用しても素晴らしい機能を発揮するリンガルアーチの効果と主な補助装置について説明します。

リンガルアーチとは

 

リンガルアーチとは

リンガルアーチは、太い金属ワイヤーを左右の奥歯に固定してアーチ状に歯の裏側に内接させたワイヤーの弾力で特定の歯の位置を変える矯正装置です。
リンガルアーチを単体で使うこともありますが、マルチブラケット装置を固定するための補助装置として併用することで効果を高めることもあります。

その他、歯が抜けた後のすき間が小さくならないように歯の動きを止めるなど他の矯正治療の治療効果を高める補助的な役割を果たします。

歯の裏側に装着

リンガルアーチは、歯の裏側に装着したアーチ型の金属ワイヤーの弾力で特定の歯を動かす働きができる装置です。一度に多くの歯を動かすことはできません。
歯の裏側に装着する装置で歯科医師以外は取り外しができないため小さなお子さんの場合は歯磨きなどの保護者の手伝いが必要です。

リンガルアーチは歯の内側に装着するため、装置が舌に触れることが多く慣れるまで痛みが出たり舌を傷つけたりする場合があります。

奥歯にバンドを装着

リンガルアーチを装着する前に奥歯にバンドと呼ばれるリングを取り付け、そのリングとリンガルアーチをつなことで固定源として機能します。
バンドはいくつかのサイズの中から丁度よいものを選び奥歯に固定することが必要です。このバンドが奥歯とぴったり合うことによりリンガルアーチの機能を発揮します。

リンガルアーチを取り付けてから数日は歯が引っ張られるような感覚もありますが、次第に落ち着きます。痛みがあるときは我慢せずに歯科医師に相談しましょう。

リンガルアーチの効果

リンガルアーチの効果

リンガルアーチはいくつかの特徴的な働きをし、単独の機器としても他の機器の補助的な役割も果たす便利な矯正器具です。
リンガルアーチのアーチ状のワイヤーの弾力を使って歯を移動させることにより、反対咬合(噛み合わせが逆になる症状)を改善します。

乳歯が抜けた後の歯のすき間が狭くなると次に生えてくる歯が正しい位置に出られません。そのため、歯のすき間をふさぐ歯の動きを止めることも大きな役割です。
リンガルアーチは、奥歯に固定されることで他の矯正装置と併用しながら他の歯を動かすときの固定源になり、矯正装置の働きを助けます。

歯を移動するときの固定源

リンガルアーチはマルチブラケット装置と併用して使い、対象の歯だけを動かすときに装置全体が動かないようにするための固定源として不可欠です。
リンガルアーチは数本程度の歯の位置を変えたり傾きを変える治療に適しています。そのためにも対象の歯に集中的に力が欠けられる固定源としての役割は重要です。

固定源としてリンガルアーチは取り外しができないため、バンドやワイヤーと歯の間の清掃は欠かせません。小さなお子さんの場合は保護者様に清掃のお手伝いをお願いします。

反対咬合の改善

反対咬合は上下どちらかの歯の位置や向きを変えることで噛み合わせの改善が可能です。リンガルアーチは上下の歯の裏側に装着して前歯を動かし矯正します。
リンガルアーチは数本の前歯の矯正が対象でブラケット装置などと一緒に使われ、ワイヤーの弾力で対象の部分に力をかけることで噛み合わせを矯正します。

特定の部分の歯に力を加えるため、装着後や食事中に痛みや違和感を感じることがありますが、痛みが続く場合は医師と相談してください。

歯と歯の隙間を保つ

リンガルアーチの別の役割として歯が抜けた後の歯と歯のすき間を維持させ、次に歯が正しい位置に生えてくるためのスペースを確保するという機能があります。
歯は規則正しく同じ位置に生えるものとは限らず、歯が抜けた後に時間が経過することで抜けた後の歯のすき間が狭まってしまうことがあります。

歯が生えるときに適切なすき間があることできれいな歯並びや正しい噛み合わせにつながりますから、隙間を強制的に確保することはとても大切な準備です。
ご不明な点やご不安なことがありましたら下記の無料矯正相談をご活用ください。相談することからスタートしましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

リンガルアーチは矯正治療の補助装置の1つ

リンガルアーチは矯正治療の補助装置の1つ

リンガルアーチは、他の矯正器具と併用することでアーチ部分の弾力やバンドを使った固定源としての補助的な役割を果たすことが多い器具です。
抜歯をした後のすき間は時間とともに狭まりますが、その隙間が狭まる動きをリンガルアーチのアーチ部分の弾力を使って止めることができます。

乳臼歯が早めに抜けた場合に隣の臼歯が手前に傾くことがありますが、リンガルアーチのアーチ部分の弾力を使うと手前への動きを抑えることが可能です。

リンガルアーチで反対咬合を治療する方法

リンガルアーチで反対咬合を治療する方法

リンガルアーチには補助的な役割だけでなく、リンガルアーチ単体でできる矯正治療があり、それが反対咬合(噛み合わせ)の治療です。
リンガルアーチが行う矯正とは、反対咬合で見られる上下どちらかの前歯が前に出たり奥に引っ込んだりしている歯を正しい位置に動かす矯正です。

リンガルアーチは強い弾力があるため治療部位により痛みが出たり、取り外しができないため歯磨きに支障が出るなどの不都合もあります。
痛みは続く場合は歯科医師にご相談したり歯磨きは気を付けて丁寧に行うなど、積極的に治療に参加することが治療効果を高めますから、進んで取り組みましょう。

リンガルアーチの注意点

リンガルアーチの注意点

リンガルアーチは単体でも治療できる矯正装置ですが、ブラケットと併用するなど他の矯正装置の補助的な役割を果たす便利な装置です。
用途が広がり多くの補助的役割・機能を持つことにより、取り外しができないなどの制限や歯磨きがしにくいというデメリットもあります。

治療のために重要な役割を持つ装置ですから、その特性や不都合な機能を理解しながら不安なことは歯科医に相談しながら治療を続けることが大事です。

取り外しできない

リンガルアーチはリングを使って奥歯に固定し様々な矯正の役割を補助する器具ですから歯科医師以外は取り外しができない仕組みは安全な治療のために必要です。
矯正治療は継続性が大切です。リンガルアーチを取り外すことにより矯正治療が一時的に中断されてしまうため、治療の効果が削減されてしまいます。

最近取り外しができるタイプも出てきていますが、取り外すことは治療を長引かせると考え必ず医師の指示に従うようにしましょう。

磨き残しに気をつける

リンガルアーチはリングによって歯の裏側に固定されるため、どうしてもワイヤーと歯の間にわずかなすき間ができ磨き残しができやすい点に注意が必要です。
小さなお子さんの場合は、歯磨きをした後に保護者による歯磨きの補助と状況の確認が必要です。補助しながら一緒に歯磨きをすることで自主的な歯磨きにつながります。

気を付けて歯磨きをしても磨き残しが出たり痛みが出る場合は、装置の不具合の可能性もあるため早めに歯科医に連絡しましょう。

リンガルアーチ以外の主な補助装置

リンガルアーチ以外の主な補助装置

リンガルアーチは、前歯の内側への動きを止めたり隙間を狭める動きを止めたりする部分に対応する機能と他の矯正装置の固定源としての機能をもっています。
口の中の歯の不具合はリンガルアーチが対応できる前歯だけとは限りません。より内側の歯の動きを止める矯正装置が必要になり、新たな矯正器具が開発されてきました。
ここでは、リンガルアーチ以外の補助的な役割を持つ代表的な矯正装置について詳しく説明します。

パタラルアーチ

リンガルアーチが前歯を対象とした矯正装置だったこととは対照的に、パタラルアーチは大臼歯の動きを止めることを大きな目的とした矯正装置です。
パタラルアーチは上顎左右の第1大臼歯に取り付けられたバンドとそれを連結する太いワイヤーで構成されますが、リンガルアーチと違いワイヤーが横に広がります。

パタラルアーチのワイヤーはそのアーチの形状から生まれる力を利用して、奥歯が前に移動しないように働くことが特徴です。第1小臼歯を抜いた場合もその隙間を確保します。
リンガルアーチではワイヤーによる不快感がありました。パタラルアーチでもワイヤーが舌に触れるなどの不快な症状が出ますが、慣れることで不快感は軽減されます。

また、パタラルアーチは医師の指導により装置の装着・取り外しが可能になり、治療中の不快感が軽減される改良がなされています。
パタラルアーチもリンガルアーチと同じくマルチブラケット装置によるワイヤー矯正との併用で使用されることが多く、矯正装置の固定源としての機能は変わりません。

急速拡大装置

急速拡大装置

急速拡大装置とは、上顎の左右の口骸骨の中心部のやわらかい部分を離すために使われる矯正装置です。急速拡大装置の利用は成長期(10歳~18歳の間)に限定されます。
急速拡大装置では左右の第1大臼歯と第1小臼歯にバンドをかけてワイヤーで歯を連結することで大きな力を生み出し、口骸骨の隙間の拡大ができるようになりました。

中心部に取り付けたねじ(スクリュー)の回転で口骸骨の隙間の拡大が可能です。骨のすき間に骨ができるまで6カ月ほどかかるため、その間はこの隙間を空けたままで固定します。
急速拡大装置の治療中に強い力が働くため痛みが出ることがありますが、痛みや違和感が続く場合は新しい骨ができるまで痛み止めで対応することが可能です。

オルソパルス

オルソパルスは、近赤外線という光を使って矯正治療のスピードを高めるマウスピース型の矯正補助装置です。
オルソパルスで使われる近赤外線は医療用に改良された安全な赤外線で、矯正治療の治療期間を短縮させたり治療にかかる痛みを和らげる働きがあります。

歯の根が押され隙間ができ新しい骨ができることが繰り返され歯が動きますが、オルソパルスを使うと歯の周りの細胞の活性化を促し矯正治療を早めることが可能です。
歯の移動が穏やかになることにより移動に伴う痛みも少なくなり、患者様の負担が軽減されます。

オルソパルスに使われる近赤外線は医療用に承認され安全性が認められているため、時間や用法など歯科医師の指示を守って治療することで副作用の心配はありません
注意点としては毎日継続した治療が必要なことと別途費用が掛かることがありますが、治療前に下記の無料矯正相談をご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

リンガルアーチの不安は信頼できる歯科医に相談

リンガルアーチの不安は信頼できる歯科医に相談

歯科矯正装置はさまざまな種類がありますし見慣れた器具ばかりではありません。リンガルアーチもその目的や使用上の留意点を知ることが安心につながります。
反対咬合があり治療を考えている人は歯科医院に話を聞いてみることから始めましょう。リンガルアーチを実際に見て使い方や諸注意を聞くことで治療の見通しが持てます。

治療の最初はさまざまな情報を集めることから始めます。治療実績のある信頼できる歯科医師にリンガルアーチについて尋ねることが大切です。

まとめ

まとめ

矯正歯科が必要でも、治療についての情報が少なく治療することに不安を感じる人は少なくありません。歯科医院を怖がらずにまずは相談してみることをお勧めします。
歯科医院によって治療の方法や期間、費用は大きく違いますから、複数の情報をもとに不安なく治療できる歯科医院を決めることから治療が始まります。
歯科医師はたくさんの治療実績とさまざまな矯正装置を用意して、患者様に合った治療方法を提案します。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ