歯列矯正で嘔吐反射が不安な方へ|不安への対処法やマウスピース矯正がおすすめな理由を歯科医が解説

【監修:青山健一】

歯列矯正で嘔吐反射が不安な方へ|不安への対処法やマウスピース矯正がおすすめな理由を歯科医が解説

歯列矯正を受けることに、さまざまな不安を感じる方は少なくありません。嘔吐反射も歯列矯正の不安要素の1つです。
歯科治療では、口腔内に異物が入り込み強い吐き気に襲われ辛い経験をする方も多いです。しかし、嘔吐反射に対する対処法を知れば、不安が解消され歯列矯正へ踏み込めます。
今回は、歯列矯正で嘔吐反射が不安な方へ、対処法やおすすめの矯正方法を紹介します。

嘔吐反射が不安で歯列矯正に踏み出せない人は多い?

嘔吐反射が不安で歯列矯正に踏み出せない人は多い?

歯列矯正したいけど、嘔吐反射が不安で一歩踏み出せない方は少なくありません。歯科治療や歯列矯正は、口腔内に歯科医の指や器具が入るため、嘔吐反射が起きてしまいます。
嘔吐反射は、全く平気な人もいれば、嘔吐反射が強すぎて歯科医院を想像するだけで吐き気に襲われる方などさまざまです。

ですが、嘔吐反射が起こる方が多く、特に歯科治療で吐き気に襲われた経験がある方は歯列矯正を躊躇してしまいがちです。

嘔吐反射が起こる主な要因

嘔吐反射が起こる主な要因

嘔吐反射は、主に下記の3つの要因によって引き起こされます。

  • 生理的反射
  • 恐怖心
  • 呼吸方法

口内の刺激に対する生理的反射で嘔吐反射がおきます。人は体内に異物が入ったと感じると、本能が働き異物を外に出そうとします。
歯科矯正では、口腔内に器具などが入ることが多いため、嘔吐反射を起こしてしまうのです。

また、歯科医院への恐怖心も要因の1つです。過去に歯科医で痛い経験をした・緊張・不安など、精神的な要因がきっかけで嘔吐反射が起こることもあります。
呼吸による要因は、主に口呼吸をしていると起こりやすいです。普段から口呼吸が習慣になっている方は、鼻呼吸を意識すると嘔吐反射を軽減できます。

嘔吐反射が強いと、うがいや歯磨きだけでも吐き気を感じてしまいます。そのため、歯科治療は辛く「行きたくない」と感じてしまうのです。

歯列矯正で嘔吐反射が不安な理由

歯列矯正で嘔吐反射が不安な理由

歯列矯正で嘔吐反射が不安な3つの理由を紹介します。

歯型を採るから

歯型を採るから

歯列矯正を行うとき、装置を作るために歯型を採らなければいけません。歯型を採るには、粘土のような素材を口中に入れるため、生理的反射による嘔吐反射が出ることがあります。
歯型を採る素材は種類があり、主にアルジネート・寒天・シリコンなどがあげられます。歯科治療の歯型採りで目にするピンク色の素材が、アルジネートです。

アルジネートは、かまぼこなどに使用される海藻の成分で作られていて、材料費が安価で使いやすいため多くの歯科医で使用されています。
シリコンは、より精密な歯型を採るインプラント治療などの場合に使用しますが、どちらも歯に合わせて数分放置しないと、正確な歯型が採れません。

歯型を採るのは数分ですが、嘔吐反射がある方は時間が長く感じ、不安な気持ちが大きくなってしまうため歯型を採ることに不安を抱えてしまうのです。

口の中に装置を入れるから

口の中に装置を入れるから

歯科治療は、器具や装置を口腔内に入れなければ治療ができません。また、歯列矯正は、ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を装着しなければいけません。
治療期間は長く、1年~3年の期間が必要です。長い間、矯正装置を口中に入れておくため、嘔吐反射がある方は歯列矯正が不安と感じてしまいます。

歯科治療で嘔吐反射の経験がある

歯科治療で嘔吐反射の経験がある

歯科治療で過去に嘔吐反射の経験があると、矯正治療への不安が増します。酷い方だと、歯科医師の指やミラーなどが口中に入っても嘔吐反射が出てしまいます。
歯科治療での嘔吐反射の経験がトラウマになっている方は、不安な気持ちから矯正治療を躊躇してしまいがちです。

嘔吐反射が不安な場合の対処法は?

嘔吐反射が不安な場合の対処法は?

嘔吐反射が不安な場合の2つの対処法を紹介します。

事前に歯科医に伝えておく

事前に歯科医に伝えておく

嘔吐反射が不安なことは見た目では判断できないため、治療前に歯科医に相談してください。
歯列矯正は、歯型採りや矯正装置の装着が必要です。嘔吐反射が酷く、歯型が採れない・装置を付けられないとなると、歯列矯正が計画通りに進みません。

歯科医へ相談すると歯型採りなどの際、椅子の角度を変える・喉への麻酔など、嘔吐反射への対策を講じてくれます。
また、過度の緊張で呼吸が乱れると口呼吸になり吐き気が増しますが、歯科医に相談しておけば恐怖心や緊張がほぐれ、呼吸の乱れを軽減できます。

嘔吐反射を歯科医へ伝えず歯列矯正を行うと、我慢が続くだけでなく治療の進行を妨げる原因になってしまうのです。
嘔吐反射が不安な方は少なくないため、歯科医は親身に相談に乗ってくれます。嘔吐反射があることを恥ずかしいと思わず、歯科医へ相談してください。

マウスピース矯正を検討する

マウスピース矯正を検討する

矯正治療で嘔吐反射が不安な場合は、マウスピース矯正を検討してください。マウスピース矯正は嘔吐反射が不安な方におすすめの矯正方法です。
歯列矯正は、ワイヤー矯正・マウスピース矯正があります。ワイヤー矯正の場合、矯正装置を歯に装着するため、嘔吐反射が出てしまう場合があります。
ですが、マウスピース矯正は、歯に透明なマウスピースを装着するだけなため嘔吐反射が出にくい矯正装置です。

また、マウスピース矯正は下記のようにメリットが多く、人気の高い矯正方法です。

  • ワイヤー矯正に比べて矯正期間が短い
  • 透明なため目立たない
  • 嘔吐反射が出にくい
  • 取り外しが可能

マウスピース矯正はいくつかの種類がありますが、中でも「インビザライン」という高精度の矯正方法がおすすめです。
インビザラインのマウスピースはオーダーメイドで、コンピューター上で計算されアメリカで制作されるため、治療を始めるのに1ヶ月ほど要します。

ですが、治療が終わるまでに必要なマウスピースを全て制作するため、歯型採りは1度で済みます。また、治療計画はコンピューター上で行われ、治療後の歯列の確認も可能です。
嘔吐反射が不安な方は、マウスピースを使ったインビザラインを検討してください。下記のリンクから無料の矯正相談の予約ができるので、ご利用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

マウスピース矯正がおすすめな理由

マウスピース矯正がおすすめな理由

嘔吐反射が不安な方に、マウスピース矯正がおすすめな2つの理由を解説します。

スキャナーで型取りする

スキャナーで型取りする

インビザラインはマウスピースを作るとき、光学スキャナを当てて型取りします。型取りは、スキャナを歯に当てるだけなので、不快感なく精度の高い測定が行えます。
また、データをコンピュータ上で管理できるため、模型の劣化などもありません。型取りにかかる時間も数分なため、嘔吐反射が不安な方でも、安心して歯型が採れます。

マウスピースが薄い

マウスピースが薄い

インビザラインのマウスピースは素材が5ミリほどと薄く、歯の周囲のみ覆うため嘔吐反射が起きません。
また、マウスピースは透明なため目立ちません。歯列矯正が周囲にバレにくいのもマウスピース矯正の特徴です。

嘔吐反射以外に多いマウスピース矯正の不安

嘔吐反射以外に多いマウスピース矯正の不安

嘔吐反射が不安な方におすすめのマウスピース矯正ですが、はじめてだと不安や疑問がつきものです。マウスピース矯正の3つの不安について解説します。

痛みや違和感

痛みや違和感

歯列矯正は痛いイメージがある方もいると思います。ですが、マウスピース矯正は他の矯正に比べて痛みや違和感が少ないです。
マウスピース矯正は、マウスピースを歯に装着し歯を移動させる装置です。そのため、歯が移動する際に痛みを感じる場合もあります。

インビザラインはマウスピースをこまめに交換し、小刻みに歯を移動させるため、少ない痛みで矯正の効果が得られます。
また、マウスピースは素材が柔らかく薄いため、装着している違和感も少ないです。

装着したまま運動できるか

装着したまま運動できるか

マウスピースは、装着したまま運動が可能です。ワイヤー矯正は、金属を装着しているため、激しい運動をすると口中を傷付けてしまう恐れがあります。
ですが、マウスピースは柔らかい素材でできているため、運動しても危険は伴いません。また、取り外しが可能なため不安な場合、外して運動もできます。

紛失や破損

紛失や破損

マウスピースを紛失・破損した場合、再度作り直す必要があります。インビザラインだと、歯型のデータが残っているため、それをもとに作り直します。
マウスピースの作り直しは、追加の費用が発生するため、普段の自己管理が重要です。マウスピースの紛失・破損を防ぐポイントは下記の3つです。

  • 前歯部分が破損しやすいため装着時は慎重に
  • ヒビや亀裂が入った時点で歯科医に連絡
  • 紛失を防ぐため外してるときは必ずケースに入れて保管

マウスピースが破損したときは、自分で直そうとせず直ぐにかかりつけの歯科医院へ連絡してください。
マウスピースの紛失や破損は、費用がかかるだけでなく歯列矯正が遅れる原因になってしまいます。自己管理をしっかり行いマウスピースを大切に扱ってくださいね。

歯列矯正で嘔吐反射が不安なら

歯列矯正で嘔吐反射が不安なら

歯列矯正で嘔吐反射が不安なら、治療前に歯科医に相談してください。嘔吐反射は生理的な反射のため、対策すれば歯列矯正ができます。
普段から嘔吐反射が強い方なら、口中に異物が入り込む想像をするだけで吐き気に襲われてしまいます。

ですが、歯科医に相談すれば、嘔吐反射が起きにくい治療方法で歯列矯正を進めてくれるため安心してくださいね。
無料の矯正相談の予約は、下記のリンクから行えます。ぜひご活用ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

歯列矯正で、嘔吐反射が不安な方への対処方法を紹介しました。
嘔吐反射が不安な方にはマウスピースを使ったインビザラインがおすすめですインビザラインはメリットが多く、嘔吐反射が強くても安心してできる矯正方法です。
歯科医への相談が恥ずかしいと思う方もいると思いますが、歯科治療に嘔吐反射はつきものなため、歯科医は快く相談に乗ってくれるため安心してください。

また、治療方法に加えて費用などの相談も同時にしておくと、歯列矯正への不安を解消できます。
嘔吐反射が不安で歯列矯正に踏み込めずにいる方も、歯科医へ相談し無理のない矯正方法で歯列矯正を受けてください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般, インビザライン
-, , ,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ