歯列矯正で唇が薄くなる理由を歯科医が解説|唇の厚みに影響する歯並びや薄くなるメリットもご紹介

【監修:青山健一】

歯列矯正で唇が薄くなる理由を歯科医が解説|唇の厚みに影響する歯並びや薄くなるメリットもご紹介

歯列矯正は歯並びを改善するためのもので、見た目をより美しくする効果もあります。最近は歯列矯正すると「唇がスッキリ薄くなる」といわれています。
たらこのようなイメージの「たらこ唇」を気にされている方も多いです。
厚めのぽってりとした唇は魅力的で、好きな方も多いのですが、本人にとっては気になるのかもしれません。

たらこ唇になった原因にもよりますが、歯列矯正すると唇が薄くなることがあります。今回は、歯列矯正で唇が薄くなる理由やメリットをみていきましょう。
歯列矯正で長年のコンプレックスが解消できるかもしれません。まずは歯科医に相談することをおすすめします。

歯列矯正で唇が薄くなるのか?

歯列矯正で唇が薄くなるのか?

歯列矯正をすると、唇が薄くなるのでしょうか。実際、「唇を薄くするため」に、歯科医に相談にくる患者さんも少なくありません。
歯列矯正は歯並びを治すだけでなく、口元をより美しくする効果が期待できます。
特に、出っ歯や受け口という場合は、矯正治療を施すことで見た目が改善し、より美しい顔立ちになることが期待できます。

唇の厚さの原因が歯並びにあるのなら、矯正治療することで唇を薄くすることは可能です。まずは、自分の唇が厚い原因を考えていきましょう。
ぜひ無料の矯正相談の活用をご検討ください。

無料矯正相談Web予約はこちら

唇が厚くなる原因

唇が厚くなる原因

唇が厚くなる原因が歯並びの悪さであれば、歯列矯正をすることで改善される可能性は高いです。しかし、他の原因があるのなら、歯列矯正をしても改善は見込めません。
例えば、歯並びに問題がない場合は、さらに歯並びを治す必要もありません。ここでは、唇の厚さの原因を紹介します。
唇が厚くなっている原因をチェックして、自分に当てはめてみましょう。もちろん、歯科医に相談することもおすすめです。

遺伝

唇が厚くなる原因に、遺伝があります。両親や祖父母に厚い唇の人がいれば、遺伝でもともとの唇が厚いことがあります。この場合は、唇を薄くするには、美容整形しかありません。
歯並びの悪さも遺伝しているケースも考えられます。遺伝した歯並びの悪さが原因で厚い唇になっているのならば、矯正治療で唇を薄くすることが可能です。

自分で判断できない場合は、やはり歯科医に相談することをおすすめします。唇が薄くできなくても、口元をスッキリさせることができる可能性があります。

口呼吸の習慣

口呼吸をしているときには、口が開いています。口呼吸が習慣になっている方の多くは、口を突き出してすぼめるようにします。
この唇をすぼめる状態が日常化して、ぽってりとした唇に見えてしまうのです。この場合は、口呼吸を止めて鼻呼吸するようにすれば、唇の厚さは改善されます。
口呼吸をするようになった理由が、鼻炎や歯並びの悪さというケースも珍しくありません。まずは口呼吸の習慣を見直しましょう。

表情筋の緩み

口の周りの筋肉である表情筋が緩んでいると、口角が下がり口のまわりがたるんで見えます。その結果、唇が厚くたらこ唇に見えてしまいます。
普段から意識して口角を上げるようにしてはいかがでしょう。鏡を見て、いろいろな表情を作ると、表情筋を鍛えるトレーニングにもなります。
笑顔を作れば、歯並びの悪さが気になってくるかもしれません。歯並びを気にした結果、口角が下がってきているとも考えられます。

歯並び

出っ歯や受け口といった、歯並びの悪さが原因で口が閉じにくい状態になっているケースも考えられます。また、歯並びを隠そうと無理に口を閉じる方も多いです。
口を閉じるために唇を前に突き出し、その結果分厚いたらこ唇に見えてしまいます。歯並びを改善することで、口元をスッキリ美しく見せることが可能になります。
「歯列矯正したら唇が薄くなった」といわれるのは、このケースです。ぜひ歯列矯正をして、本来の美しい口元を取り戻しましょう。

唇が厚く見える歯並び

唇が厚く見える歯並び

歯並びが原因で唇が分厚く見えることはあります。どのような歯並びが、唇を厚く見せているのでしょうか。ここでは、唇が厚く見える歯並びを、具体的に説明します。
このケースに当てはまるのなら、歯列矯正することで唇を薄くすることが可能です。ご自分の歯並びと唇の状態をチェックしてみましょう。
思い当たるのであれば、歯科医に相談することをおすすめします。

出っ歯

前歯が出ている出っ歯の場合は、唇が押し出されて、唇の裏側までもが表に出ている状態になりがちです。そのため、本来の唇よりも分厚い唇に見えてしまいます。
また、出っ歯の方が、きっちりと口を閉じると、唇が前につきだした状態で、唇をすぼめた形になります。この場合も、やはり唇の厚いたらこ唇に見えます。

出っ歯の場合は、唇が厚くなるだけでなく、「口ゴボ」と呼ばれる状態になっていることが多いです。すぐに治療して、本来の美しい顔立ちを取り戻すことをおすすめします。

受け口

受け口の場合も、出っ歯と同じ状態になります。受け口を目立たなくするため、唇を合わせて閉じる習慣がついている方が多いです。
やはり、唇を突き出して口をすぼめた状態になり、唇が厚く見えてしまいます。受け口の場合は、下唇が厚く見えます。
受け口は噛み合わせが悪い場合も多く、健康のためにも矯正治療をすることをおすすめします。

歯列矯正で唇が薄くなるメリット

歯列矯正で唇が薄くなるメリット

歯列矯正で唇が薄くなることもあります。唇が薄くなるだけでなく、口元全体の印象が変わり、美しくなります。ここでは、唇が薄くなるメリットを紹介します。
歯列矯正で唇が薄くなる方は、もともと口元にコンプレックスを持っている方が少なくありません。コンプレックスを解消できることが、1番大きなメリットです。

「たらこ唇を治したい」と言っている方は、「実は口ゴボが嫌」と思っている方が多いのです。横顔の美しさを気にしている方も目立ちます。

口ゴボの改善

口ゴボとは、口元が「ゴボっと」前に出ている見た目のことをいいます。ネットで使われる言葉で、専門的には「上下顎前突」となります。
口元が前にひっぱられているため、鼻の下も長く見え、少し間延びした印象の口元です。からかいや揶揄の対象になりやすく、気にしている方は多くいます。
歯列矯正で唇が薄くなれば、口ゴボも改善される可能性が高くなります。口ゴボを気にしている方には、歯列矯正がおすすめです。

理想的なEラインに近づく

理想的なEラインに近づく

Eラインとは、鼻の先端と顎の先を結んだラインのことです。ラインより唇が内側にあるのが理想的なEラインです。
横顔の美しさを表すラインで、美人顔のチェックポイントともいわれています。歯列矯正で唇が薄くなれば、このEラインより唇が内側になる可能性は高いです。

特に出っ歯が原因で口が前に突き出している方には、歯列矯正はおすすめです。美しい理想的なEラインになる可能性はとても高いといえます。

見た目を変える歯列矯正の種類

見た目を変える歯列矯正の種類

歯列矯正をするのには、矯正装置を選ぶ必要があります。一般的に、ワイヤー矯正とマウスピース矯正のどちらかを選ぶ方が多いです。
どちらの矯正装置を選んでも、「薄い唇」「口ゴボを解消」「理想的なEライン」を手に入れることができます。特に抜歯を伴う矯正では、口元の印象は大きく変わるはずです。

口元の見た目を変える歯列矯正では、抜歯をすすめる歯科医が多くいます。しかし永久歯を抜歯することを嫌う患者さんは少なくありません。
非抜歯治療の場合はマウスピース矯正がおすすめになります。しかし、抜歯治療のほうが治療が楽な面も多く、歯科医とよく相談しましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

唇を分厚く見せている出っ歯や受け口の矯正には、前に出ている歯を後に押し込まなくてはなりません。そのため、押し込むスペースが必要になります。
抜歯をしてスペースを作る方法が、負担も少なく楽に矯正できます。抜歯をしてワイヤー矯正をするというのが、一般的で料金も安く済みます。

非抜歯治療の場合は、歯を押し込むスペースが必要になります。このため奥歯を後に移動させるのですが、ワイヤー矯正は奥歯の後ろ移動が苦手です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は矯正装置が目立たないため、見た目を気にする患者さんに人気です。特に非抜歯の治療ならマウスピース矯正がおすすめです。
非抜歯の場合は、歯と歯の間を削る、もしくは奥歯を後に移動させてスペースを作ります。マウスピース矯正は、比較的奥歯を移動させることが得意だからです。

しかし平均2㎜くらいの移動といわれ、スペースが不足することもあります。矯正には個人差があるため、よく歯科医に相談することが大切です。

もともと厚い唇は歯列矯正では薄くならない?

もともと厚い唇は歯列矯正では薄くならない?

歯列矯正をすれば、必ず唇が薄くなるとは限りません。もともとぽってりした厚めの唇は歯列矯正では薄くならないからです。
しかし、歯並びが悪い方が矯正治療を受けた場合、口元がスッキリすることが多いのは事実です。

歯並びを気にされている方は隠すために、無意識に口元に力が入ってるケースがあります。変な癖が習慣になっているケースもみられます。
矯正することで、自然で美しい笑顔を取り戻せば、唇の厚さは気にならなくなるのではないでしょうか。

歯列矯正による唇の変化は歯科医に相談しよう

歯列矯正による唇の変化は歯科医に相談しよう

唇を薄くしたいという希望があるのなら、治療前に歯科医に伝えましょう。希望を伝えることで、歯科医は「できるだけ患者さんの意向に沿う」ように治療を進めていきます。
伝えなかった場合は、唇の厚さは改善されないかもしれません。

例えば「出っ歯を目立たなくしたいが非抜歯で」としか伝えなければ、あまり前歯を押し込まない治療になる可能性があります。
その結果、見た目は綺麗になったが、唇はそのままという結果になることがあります。遠慮せずに、あなたの希望を歯科医に伝えましょう。

無料矯正相談Web予約はこちら

まとめ

まとめ

出っ歯や受け口、噛み合わせの悪さが原因で唇が厚くなっている場合は、歯列矯正をすることで改善されることもあります。
まずは、歯科医に相談して、治せるかどうかを尋ねましょう。口元の問題は、矯正治療で改善されるケースが多いです。
芸能人の方など、口元にメスを入れてスッキリさせたというニュースが流れることもあります。時間をかけずに口元を治すためには手術しかありません。

歯列矯正にかかる時間は平均2~3年といわれ、その間に徐々に口元を改善します。時間はかかりますが、メスを入れる必要はありません。
矯正して歯並びを美しく、さらに唇もスッキリ薄くとなれば、一石二鳥です。ぜひ、一度歯科医に相談してください。




監修者:銀座青山You矯正歯科グループ 理事長・総院長 青山健一

理事長・総院長 青山健一 1965年 広島県呉市生まれ
1990年 広島大学歯学部卒業
1992年 南青山デンタルクリニック開院
2001年 医療法人社団 健青会 設立
2011年 日本で初めての「部分矯正専門医院」のYou矯正歯科を開設
2021年 You矯正歯科 池袋西口医院開設
2021年 You矯正歯科 広島紙屋町医院開設(銀座、青山等で9医院開院中)
▼総院長ブログ「幸せってなぁに?」もご覧ください。

部分矯正専門医院 You矯正歯科医院グループ

銀座医院
青山医院
新宿医院
渋谷医院
池袋東口医院
池袋西口医院
横浜医院
広島駅前医院
広島紙屋町医院
便利でお得なデンタルローン(分割払い)
矯正モニター募集中
理事長 青山健一著書一覧

無料矯正相談Web予約はこちら

-矯正全般
-,

© 2022 部分矯正ドットコム

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ