◆ 早い安い簡単痛くない前歯だけの部分矯正 ◆

☆年末年始のお知らせ

12月31日より1月4日まで年末年始のお休みにさせていただきます。

大変ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

スタッフ紹介
きれいな前歯のつくり方 「Do! WATCH!」H23年9月29日放送

※こちらの画像をクリックすると動画ページへ移動します。

部分矯正について「千葉テレビ」から取材を受けました。
タイトル
早い、安い、簡単で痛くない矯正治療なら・・・部分矯正です。
タイトル

ごあいさつ

理事長青山健一

今でこそ多くの患者様にご来院いただき、同業者からも一目置かれる存在になりましたが、ここまで来るのに多くの悩みがありました。(もちろん今でも悩みはありますよ・・・)
 昔の悩みと今の悩みを比較したら、昔の悩みは「患者様が少ない」「スタッフとうまくいかない」など、当時の足りないことへの不平、不満が一杯でした。

しかし今の悩みは「もっと患者様に満足していただくにはどうすればいいか?」「スタッフがもっとやりがいを実感するにはどうすればいいか?」など「未来をもっとよくしたい」と言う前向きな悩みが殆どです。

当クリニックも正社員数が24人になり小さな組織として機能し始めました。
 開業当初は、院長1人の力ですべてのことをやらなければなりませんでしたので、至らない点が目立ちましたが、今ではチームとして満足していただけるシステム作りの改善に励んでいます。

自分の得意な分野に力を集中する集団の集まりで、1+1を3や4にする工夫を心がけています。

幸い、優秀な人間を採用することができる職場環境なので、スタッフ一同より高いレベルで患者様に満足していただける治療、サービス、対応を目指して精進して行こうと思っています。

今後とも末永くよろしくお願いいたします。

☆前歯だけの見た目重視の歯列矯正

歯科学的にはMTMと言われる部分的な歯列矯正治療の場合には、治療代もかなり安くなります。本来、歯並びが悪くなるのは、奥歯の噛み合わせに原因がありますので、根本的な治療としては、奥歯の噛み合わせをきちんと治した方がいいのですが、患者様の立場からしますと、前歯の見た目だけ気になっているので、とにかく簡単で安い方が好ましいという方も多くいらっしゃいます

特に歯を削って被せる審美治療はやりたくないけど、長い期間ワイヤ-をつけて大変な思いをすることにも抵抗があるという患者様にとっては、前歯の見える箇所だけきれいにできれば満足されることでしょう。

この治療は噛み合わせや歯の状態によっては治療が無理な場合もあるので、治療前の検査が大事になってきます。

「他の医院では必ず高い治療を勧められるのに、先生は安い治療の方を勧めるのですか?」と聞かれたことがあります。

私自身矯正治療の体験者なので、患者様の気持ちの中に「安く、早く、簡単に」矯正治療をしたいという気持ちがあることは十分理解しています。
医療にはメリットもあればデメリットもあります。その両方を説明して患者様が納得していただける治療法を選択していただければいいと思っています。

前歯だけの矯正の方が患者様にとってメリットが多いと思えればそちらをお勧めいたします。

患者様に満足していただく為には「安く、早く、簡単に」治療できるのであれば、それにこしたことはないと思っています。
しかし前歯だけの治療では患者様が満足する治療結果が出ないと判断した場合には、「前歯だけの治療では治療できない」旨を説明させていただいています。

医療人として、公平な立場でアドバイスさせてもらっているという自負があるからこそ、患者様が満足されない治療はきちんと「できない」と言うようにしています。

ワイヤーの期間がたった3ヶ月なんて......

☆知っていましたか?
矯正治療方法の中にも簡単に出来る矯正治療があることを!!

矯正治療にもいろんな矯正装置や矯正治療法がありますが、患者様にとって一番喜ばれている治療方法が、部分矯正治療法なのです。

部分矯正治療法のメリットを挙げますと、

  • 後半はマウスピースを使用しますので、ワイヤーの期間が約3ヶ月
  • 矯正治療期間が短い(多くの場合6カ月位)
  • 矯正治療費が安い(全体の矯正の1/3~1/5)
  • 矯正装置の違和感と痛みが極端に少ない
  • 目立ちにくい
     ・
     ・
     ・

当クリニックでは、いろんな矯正治療法を行っていますが、部分矯正治療法は「早い、安い、簡単、痛くない」という、患者様のご要望に一番あっている治療法なので一番喜ばれているのだと思います。

全体的な矯正治療の場合には、どうしても矯正治療期間が1年くらいはかかりますし、トータルの矯正治療費が100万円前後はかかってしまいます。

そして何より、矯正治療中にワイヤーを使用する違和感や痛みが大きいことが、矯正治療を始めるネックになってしまいます。

美容整形において、「プチ整形」という言葉がはやりましたが、この部分矯正治療は、前歯だけを綺麗にする「プチ矯正」という位置づけになります。

●H.N.様 30歳 女性

前歯が1本だけずれていたのですが、矯正するほどでもないかと思って長年そのままにしていました。

ここ数年、写真を撮ったり撮られたりする機会が増えて、再び気になり始めたことと、思ったより短期間、低料金で治せるこちらの病院を知ったのがきっかけでした。

院内はとてもきれいで、スタッフの方々もみなさん親切だったので、矯正を楽しく終えることができ感謝しています。

本当にこちらの病院に決めてよかったです。

前歯が1本まっすぐになっただけで、印象も違いとても満足しています。

● 治療前 ●   ● 治療後 ●
HN様30歳女性治療前写真1 矢印 HN様30歳女性治療後写真1
HN様30歳女性治療前写真2 矢印 HN様30歳女性治療後写真2

●S様 32才

歯の矯正はずっとしたかったので、きれいな歯になれる夢がかなって良かったです。

どうしても長い年月がかかると思って、なかなか矯正治療に踏み込めなかったけれど、こんなにも短期間ですんで感動しています。みんなに教えてあげたいです。

スタッフの方々や先生もとても親切で、とても良い歯科医院に出会えました。

ありがとうございました。

● 治療前 ●   ● 治療後 ●
S様32才治療前写真1 矢印 S様32才治療後写真1
S様32才治療前写真2 矢印 S様32才治療後写真2
S様32才治療前写真3 矢印 S様32才治療後写真3
S様32才治療前写真4 矢印 S様32才治療後写真4

●くま様 27才 女性

10代の頃痛い思いをして歯並びを治したというのに、20代で元に(というよりさらに)悪くなってしまいました。
普段は気にならなかったのですが、写真に写った歯並びを見ると「あんなに苦労したのはなんだったんだ・・・」と悔しくなりました。

でも再び治療するのはためらわれました。(理由は痛い、長い、高い)
このクリニックでは、前歯だけの治療というものがあり、短い期間で、治療費も安めで出来るので再チャレンジする決意が出来ました。

院内もきれいで、待ち時間もほとんどないので、楽しく治療することが出来ました。
おかげ様で歯並びもキレイになり、満足しています。
大変お世話になりました。ありがとうございます!!

● 治療前 ●   ● 治療後 ●
くま様27才女性治療前写真1 矢印 くま様27才女性治療後写真1
くま様27才女性治療前写真5 矢印 くま様27才女性治療後写真5
くま様27才女性治療前写真6 矢印 くま様27才女性治療後写真6

●秋庭様 23歳 女性

ずっと前から歯並び、特に前歯が片方のみ前に出ていることを気にしており、ほかの矯正歯科にも行ってみましたが、治療期間が長く、しかも歯を抜く必要もあり、治療結果に不満が残ったとしてもやり直しがきかないと思い、長い間矯正をしたいと思いながらも先延ばしにしていました。

しかし、今回、南青山デンタルクリニックさんで矯正を行い、通院期間やブラケットをつける期間も短く、結果も満足のいくもので、良い医院に出会えて幸運だったと感じています。

以前の矯正前に撮った写真を見ると、こんな歯をしていたんだったなと驚きの日々です。

● 治療前 ●   ● 治療後 ●
秋庭様23歳女性治療前写真1 矢印 秋庭様23歳女性治療後写真1
秋庭様23歳女性治療前写真2 矢印 秋庭様23歳女性治療後写真2
秋庭様23歳女性治療前写真3 矢印 秋庭様23歳女性治療後写真3

審美治療と部分矯正は何が違うのですか

一般的に審美治療とは、前歯をセラミックスの被せ歯で綺麗に並べるために、便宜的に歯を抜いたり、歯の神経を取り除いて、前歯の多くを削る治療です。

芸能人がいきなり綺麗な歯並びになるのはこの削って被せる審美治療によるものです。

一方、部分矯正治療は、前歯の歯並びを並び替え、歯と歯の隣接面を削って歯を中へ入れていく矯正治療法です。

それぞれの治療法にはメリットもデメリットもありますから、患者様のご希望によってどの治療法が最適なのかは違ってきます。

☆審美治療

メリット

  • 矯正装置を使わないので外見的に気にならない
  • 治療期間が短い

デメリット

  • 便宜的に歯や歯の神経を抜いたりする必要がある
  • 歯を大きく削ることになる

治療例

治療前 正面   治療後 正面
ラミネートベニヤ法治療前正面写真 矢印 ラミネートベニヤ法治療後正面写真
治療前 側面   治療後 側面
ラミネートベニヤ法治療前側面写真 矢印 ラミネートベニヤ法治療後側面写真

☆部分矯正

メリット

  • 歯へのダメージが少ない
  • 自分の歯を利用できる

デメリット

  • ワイヤーを使用する場合は他人に気づかれる
  • 治療期間が4~6ヶ月くらい必要(審美治療よりは少し長い)

部分矯正の治療方法例

☆マウスピースのみ

マウスピース写真
マウスピースを装着したところ

メリット

  • ワイヤーを使用しないので目立たない
  • 取り外しが可能

デメリット

  • ワイヤーを使用するより治療期間が長くなる
  • ワイヤーを使用するより治療費が高くなる

☆約3ヶ月ワイヤーでデコボコを治してからマウスピースに移行

ワイヤー写真
白いワイヤーを装着したところ

メリット

  • 治療費が安くなる
  • 治療期間が早く終わる(平均6ヶ月)

デメリット

  • ワイヤーを使用している間(約3ヶ月)は装置が目立つ

☆床矯正の併用(約2~4ヶ月)

歯列矯正治療の中には床矯正と呼ばれる入れ歯タイプの歯列矯正治療法があります。この床矯正治療では歯の動かし方がアバウト(大ざっぱ)でよい為、治療においてDrサイドの調整が厳密に行われなくてよいので、治療費も大幅に安くできます。この床矯正は子供の歯列矯正治療においては特に効果を発揮し、顎を大きくしたり、歯を並べることに関しては優れた治療法と言えます。

大人の歯列矯正治療においても細かい歯並びや噛み合わせ的なことまで気にされていない患者様にとっては治療代も安く喜ばれる治療法だと思います

治療代が安いことが第一で、細かいことまではあまり気にされていない患者様にとってはベストな治療法だと思いますが、体調が芳しくない不定愁訴が主訴の患者様や開口などの場合には、この床矯正で行える治療にはワイヤー矯正に比べて限界があるので、全ての患者様にこの床矯正で治療ができる訳ではありません。

床矯正上側写真 床矯正下側写真
床矯正正面写真
正面からの写真

メリット

  • 前歯をより中に入れることができる
  • 歯の隣接部分を削る量を少なく出来る

デメリット

  • 話しにくい

☆舌側矯正

舌側矯正写真
舌側矯正正面写真
正面からの写真

メリット

  • 表側からは目立たない
  • 表側のワイヤー治療より治療費が高くなる
  • 表側のワイヤー治療より矯正期間が長くなる

デメリット

  • すべての症例で適用できない
  • 表側よりも治療期間が長くなる
  • 舌の動きが制限されるので発言しづらい
 

部分矯正治療では治療できない場合もあります

部分矯正の治療をしてきて、大変喜んでいただける患者様がいる一方、部分矯正治療の適用不可能な患者様がいらっしゃることも事実です。

全体的な矯正治療の場合には、矯正治療が不可能だということはまずありませんが、部分矯正治療だけでは患者様の満足を得られない場合もあります。

部分矯正治療が不向きの主なケースとは

  • 前歯のデコボコが重度の場合
  • 開口、受け口など骨格的に問題がある場合
  • 上下のデコボコのバランスが大きく違う場合
  • より完璧な出来上がりをイメージされている場合
  • 上の前歯を中に入れたいケースで、すでに下の前歯が当たっている場合
  • 口元を中に入れたい場合
  • 八重歯(犬歯)を動かしたい場合
  •  
  •  

などが考えられます。

当クリニックにおいては全体的な非抜歯矯正治療も部分的な矯正治療も、日本でもトップクラスの症例数をこなしてきていますので、部分矯正治療の適応症の判断においては、絶対的な実績と自信があり、患者様とトラブルになったことはありませんが、部分矯正治療において一番大切なのが、部分矯正治療において患者様が満足していただけるかどうかの見極める診断力かもしれません。

そこで、治療を決められるまでに、何件かの歯科医院で治療説明を受けてから最終決断をされることをお勧めいたします。

ご注意ください

当クリニックは、歯科医師の間ではかなり知られた存在なので、当クリニックのホームページを真似されることが後を絶ちません。

いろんな人から、「うちの真似をしているホームページを見ました」と教えていただくことが多々ありますので、たいていのことでは驚かなくなりましたが、文章をそっくり真似している悪質な歯科医院もあります。

ホームページというのはその医院の特徴を伝えるものであって、他の医院の内容を丸映しして掲載するという倫理観と道徳心にかけた歯科医院にはくれぐれもご注意ください。

そういう医院に対して法的な対応も考えましたが、あまりにも多くの医院が真似をするので、有名税だと思って相手にしない様になってきましたが、文章までそっくり真似をしていて、その医院に期待して行った患者様が不幸になられることは残念なので、くれぐれも気をつけて下さい。

食品の偽装問題も同じです。

「自分のところはばれる筈がない」という弱い気持ちが、不正を拡大していき、気付いた時には常習化してしまうのです。

「たった1度」の気持ちが、実際には1度では済まないのです。

仕事とは信頼関係を築いていくもので、お金はその結果だと思っています。

目先のお金だけを追っていけば、食品を偽装しようが著作権を犯そうが「儲かればいいんだ」という事につながります。

誰でもお金などの目に見える結果は早く欲しいものですが、早急に結果を求めるところに人生の大きな落とし穴が待っているのです。

 信用とは、その人の過去と現在と将来のビジョンに一貫性があって初めて信用されるものなのに、ある1部分だけを真似ても決して他人からの信用は得ることができないのです。

 不正を不正と感じない歯科医師の治療結果は、必ずトラブルに結びつきますので、そういう医院での治療はおやめ下さい。

 今は患者様にも歯科医院を選んだ責任がある時代です。

 騙した方が悪いのは当然ですが、騙された方にも自己責任という事が言われる時代になっています。

 今歯科医院は過剰で、競争が激化しています。

 歯科医院はコンビニの数の1.5倍あると言われ、今後も増え続けていきます。

 数年後には5件に1件の開業医の1年間の純粋な利益が300万円~500万円になると言われています。これでは人を育てたり、診療設備に投資できなくなり、実質赤字経営になってきます。

 「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、そういう状況下では、「いい治療をしよう」「患者様に満足してもらおう」という気持ちよりも、てっとり早く他人のホームページを丸映ししたり、実際と違うことを平気でアピールする医院が後を絶たなくなってきます。

 「患者様を集めるためには嘘でも何でもいいから、とにかくいいことだけを言っていればいい」という考えの人間が増えてくるでしょう。

 医療ではなく、詐欺行為の様なものです。

 そうなれば、当然、歯医者への不信感も強くなってくるでしょう。

 最近は、マスコミで、インプラント治療による歯科界の問題点をテーマにしたものを目にする機会が増えてきました。

 そういう時代が来るからこそ、真面目に患者満足を追求している医院だけが逆に目立って生き残れるのだと思っています。

 歯科医院の過剰時代は、患者様の事を本気で思いやれる医院だけをふるいにかけて残すための試金石だと思っています。

 苦しいから不正をして生き延びようとするのか、苦しいけれども悪の誘惑に負けないで患者様の為に頑張るのかが試される時が来たのだと思います。

 安易な選択をして目先のお金を追ったり、嘘やいい加減な事をしている医院から先に淘汰される事が世の中の為になるのではないかと思っています。